夏場のじゅうたんの保管について

じゅうたんについては、特に冬場に活躍するものですが、使わない夏場の保管については、気をつけるべきことがいくつかあります。繊維を傷めないためにも、しっかりとした方法で保管しておくことが大切ですが、できるだけ涼しく、湿度の低いところにおいておくことが重要です。最近では、倉庫などで補完する場合にも、通気性がいいような場所もありますが、そういったところであればいいですが、いざ冬に使う際にじゅうたんを出してみて、繊維が傷んでいて使えなかったとうことでは非常にもったいないため、しっかりとした管理を行うことが大切です。また、じゅうたんについては立派なものであれば非常に高級なものもあるため、しっかりとしたものを選べば長期にわたって活用することができます。そう考えると、家の中でも大きな存在感を持つため、非常に大切なインテリアであると言えます。そのため、しっかりとしたものを選べば家の印象を大きく変えることができ、短期的に使って消耗することなく、しっかりとした保管を行うことによって、長期的に活用することができるため、そういった方法も購入時にしっかりと確認して、長期にわたって使い続けることが非常に重要であると言えます。

じゅうたんの保管の仕方について

じゅうたんを交換する場合、以前使ってた物は捨てず保管する場合、どのように保管したらよいのであろうか。まず片付ける前に使っていたじゅうたんを綺麗に掃除する必要があります。こべりついたほこりを綺麗に落とします。ほこりをとる場合は、市販されている粘着カーペットクリーナーを使えばスムーズにほこりを取ることが可能です。ほこりを綺麗に取った後は乾燥させます。夏などで常に乾燥状態ならそのままでも大丈夫ですが、少しでも湿っていると感じる場合は、必ず乾燥するようにしてください。乾燥しないと嫌な臭いが付いたりカビが付いてしまう事もあるのです。もし時間があるのなら乾燥する前に硬く絞った濡れ雑巾でじゅうたんを拭いてあげると尚良いです。綺麗になったら、保管するのですが、やり方は普通に丸めるだけで良いです。押入れのように湿気が多くなりがちで風通しの悪い場所において置くのは絶対に避けるようにしてください。カビや悪臭の原因になってしまいます。湿気が少なく、風通しの良い場所において置く事が非常に重要な事なのです。臭いをつけない為に、周りには臭いの強いものなどは置かないように注意してください。当たり前ですが、火気厳禁です。